ファッションの TABLE BETHEL Furniture ACME アクメファニチャー LAMP 送料無料 新生活 おしゃれ ショップ 店舗 居間用 リビング用 食卓用 ダイニング用 間接照明 照明 直径35cm ルームライト インテリア テーブルランプ ベゼル-デスクライト・テーブルランプ










当店は【キャッシュレス・消費者還元事業】対象店舗です。

商品名ACME Furniture アクメファニチャー BETHEL TABLE LAMP ベゼル テーブルランプ 直径35cm
商品説明60年代のヴィンテージランプをモチーフにデザインされたACMEオリジナルのテーブルランプ。当時の素材感を再現したランプシェードは、点灯すると雰囲気のある明りが空間に広がる。ソケットは2段階調光スイッチとなっており、用途に応じて明るさを変えられる。鉄素地と木部の素材感、そしてツイスターコードを採用する事により、細部までヴィンテージ感を忠実に再現している。本体サイズは日本の住宅に合わせた高さ約60cmとなっており、ベッドやソファー脇、サイドボードの上など場所を選ばずにコーディネートすることができる。
商品仕様サイズ:直径35×高さ58cm
材質:オーク、アイアン
重量:1.7kg
原産国:中国
商品についてアクメファニチャーの家具はヴィンテージ感、アンティーク感を強く出しているため、木目の出方、アイアンやレザーの加工、ファブリックの柄の出方などが一点一点異なります。木材の割れ目や傷、アイアンの錆などは、ヴィンテージ感を出すための加工であり不良品ではございません。商品のデザインとしてご理解の上お買い求め頂きますようお願い申し上げます。
ブランドについて創業30年の歴史の中で培われた技術と経験により開発されたオリジナルプロダクトには、アメリカン・ヴィンテージ、インダストリアル、レトロから得たインスピレーションをベースに、作り手の思いとこだわりを丁寧に抽出、表現しています。バイヤーによってアメリカ各地から集められた1940~70年代のヴィンテージ家具や雑貨は日本国内に渡った後、熟練した専門職人による忠実なメンテナンスにより息を吹き返します。ACME Furniture (アクメファニチャー) はオリジナルとヴィンテージ、双方の個性と魅力をミックスさせた独自の世界観を提案します。
納期についてご注文いただいたタイミングによっては、メーカー在庫欠品によりお時間がかかる場合がございます。お急ぎの場合は予め在庫状況をお問い合わせください。
サイズ
直径高さ
35cm58cm

→照明一覧

→同ブランド一覧

記事全文

ファッションの TABLE BETHEL Furniture ACME アクメファニチャー LAMP 送料無料 新生活 おしゃれ ショップ 店舗 居間用 リビング用 食卓用 ダイニング用 間接照明 照明 直径35cm ルームライト インテリア テーブルランプ ベゼル-デスクライト・テーブルランプ

優れたユーザーエクスペリエンス(UX)を提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

【送料無料】八鹿酒造 大分 本格焼酎 むぎっ娘 麦 25度 1.8Lパック(1800ml) 2ケース(12本)。[さらに詳しく

ファッションの TABLE BETHEL Furniture ACME アクメファニチャー LAMP 送料無料 新生活 おしゃれ ショップ 店舗 居間用 リビング用 食卓用 ダイニング用 間接照明 照明 直径35cm ルームライト インテリア テーブルランプ ベゼル-デスクライト・テーブルランプ

【ゼブラ ボードマーカーEZ 細字・丸芯 緑 YYSS17-G 1本 [×100セット]】記事全文

ファッションの TABLE BETHEL Furniture ACME アクメファニチャー LAMP 送料無料 新生活 おしゃれ ショップ 店舗 居間用 リビング用 食卓用 ダイニング用 間接照明 照明 直径35cm ルームライト インテリア テーブルランプ ベゼル-デスクライト・テーブルランプ

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

ファッションの TABLE BETHEL Furniture ACME アクメファニチャー LAMP 送料無料 新生活 おしゃれ ショップ 店舗 居間用 リビング用 食卓用 ダイニング用 間接照明 照明 直径35cm ルームライト インテリア テーブルランプ ベゼル-デスクライト・テーブルランプ

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文